メニュー

匠技建スタッフブログ - 株式会社匠技建,立川市,戸建,工務店

株式会社匠技建

tel:0120-045-171[24時間受付]

匠技建スタッフブログ

blog main

匠技建のスタッフがイベントの報告や、社員同士のプライベートな話など、不定期更新ですが公開していきますので、ぜひご覧ください。

 

【Q & A】無添加住宅ってどんなお家?全館空調や床下エアコンってなんですか?

カテゴリ: 匠技建スタッフブログ 作成日:2024年06月20日(木)

 

24.5_6-1.jpeg

 

皆さんこんにちは!

匠技建です♪


匠技建に寄せられるよくあるご質問にお答えするQ & Aシリーズを今月もお届けしたいと思います。
では、早速いってみましょう◎


■無添加住宅ってどんなお家?

無添加住宅とは、「身体に良くないものは使わない」というコンセプトのもと、口に入れてもいいほど身体にやさしい自然素材でつくられたお家です。
シックハウス症候群や化学物質過敏症、アレルギーの方でも安心して暮らせるお家ですし、天然由来の材料を使ってつくるお家は経年変化を楽しめ、味わい深さもあります。


無添加住宅についてはこちら!


■全館空調ってなんですか? 

全館空調とは1台のエアコン機で家全体をまかなう空調システムです。
空調機の空気を床下のダクトに通すことで、お家の基礎全てを暖めたり冷ましたりするという仕組みで、お家のどこにいても20度前後に保たれた室温の中で生活することができます。


全館空調についてはこちら!


■床下エアコンってなんですか?

一般的なエアコンの設置場所はお部屋の天井付近ですが、「床下エアコン」はエアコンをお部屋の低い位置に設置します。
床全体と室温を調整し、最小で最適な冷暖房をするというのが床下エアコンの考え方で、「パッシブ冷暖」とも呼ばれ「小さいエネルギーで冬暖かく、夏涼しい」をさらに高いレベルに持っていくことができるのです。


床下エアコンについてはこちら!


■今後もQ & Aシリーズを連載していきます!

 24.5_6-2.jpeg

いかがでしたか?


今回は、
・無添加住宅ってどんなお家?

・全館空調ってなんですか?

・床下エアコンってなんですか?


についてお答えしました。
今後もスタッフブログで様々なご質問にお答えしていきますので、是非チェックしてくださいね!

 

耐震等級3の家はどう違う?〜家族の命と生活を守る住宅〜

カテゴリ: 匠技建スタッフブログ 作成日:2024年06月18日(火)

 

24.6_5-1.jpeg

 

昨今の地震の頻発により、住宅購入の条件の中で、耐震性能を特に重視する傾向が高まっています。
その中でも、耐震等級3の住宅はその優れた性能から注目を集めています。
今回は、耐震等級3を取得した住宅のメリットについて詳しくみていきましょう。


■耐震性の向上

家が地震に対してどのくらい耐久性があるのかを表す「耐震等級」。
その中でも、耐震等級3は最高等級であり、高い耐震性を有する住宅であることを表しています。
耐震等級3の住宅では、震度6強〜7の地震でも倒壊や大きな損傷がないように、最新の耐震技術や建築規格に基づいて設計・建設がおこなわれています。
国土交通省の調べによると、平成28年に起きた熊本地震の際もそのまま住み続けられる可能性が高いことがわかりました。
避難所生活を送るリスクを減らせることは家族の不安を軽減し、精神的な安定にもつながるでしょう。


■長寿命とメンテナンスの軽減・保険料の削減

耐震等級3の住宅は、地震による損傷を最小限に抑えるために建物全体の耐久性が向上していますので、住まいの安定性が保たれ安心して長期的に生活することができるだけでなく、メンテナンス費用も低減します。
また、実際に地震が起きた際も損傷が小さくすむことで、資産としても維持しやすくなり、被害リスクが低いため保険会社からの保険料が削減されることがあります。
住宅所有者はこれにより経済的なメリットを享受できるだけでなく、災害時の復旧費用にも備えることができます。


■地震後も家族で安心・安全な生活を送るために

24.6_5-2.jpeg


耐震等級3の住宅は、その高い耐震性能によって現代の住宅購入において重要な要素となっています。
ただ、建設費用が増加する点と住宅の設計段階から耐震等級3を取得する決断を下す必要がある点には注意が必要です。
地震から家族の命を守り、地震後も家族で安心・安全な生活を送るために、耐震等級3の住宅の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

【Q & A】オール電化orガス併用?ガス併用では工事費が高くなりますか?空調・換気方法について教えてください。

カテゴリ: 匠技建スタッフブログ 作成日:2024年06月11日(火)

 

24.6_3-1.jpeg

 

皆さんこんにちは!

匠技建です♪


匠技建に寄せられるよくあるご質問にお答えするQ & Aシリーズを今月もお届けしたいと思います。
では、早速いってみましょう◎


■オール電化かガス併用で悩んでいます。

オール電化がいいか、ガス併用がいいかは、ライフスタイルによって変わってくると思います。
オール電化は光熱費を一本化できますし、「ランニングコストを抑えたい」という場合にはメリットも大きいですよね。火を使わないので安全性も高いといえます。
ガスのメリットはエネルギー効率が良く火力が強いので、お料理好きの方にもおすすめですし、「使い慣れたガスがいい」という方もいらっしゃいます。
どちらもメリットデメリットはありますが、お話を伺いながら最適なご提案をさせていただきますのでご相談ください。


■ガス併用にした場合工事費は高くなりますか? 

ガス併用を選択される場合は、ガスの配管工事が必要になります。
また、防火性の高い内装材や下り壁を設計する必要もあるので、その分の費用がかかってきます。
しかし、オール電化を新しく導入する場合も、太陽光パネルや蓄電池など初期コストがどうしてもかかってきますので「どういう暮らしがしたいか」をしっかり考えながら選択していくことが大切だといえますね。


■空調・換気方法について教えてください。

匠技建では、各建物の断熱性能や内部に入ってくる日射量等を計算し、空調や換気の仕様を決めております。
ご家族の人数や生活によっても設計方法が異なりますので、ヒアリングをしていくなかで最適解を検討しご案内いたします。
また、全館空調や床下エアコンなど省エネ性と快適性を兼ね備えた空調設備もご案内できますので、是非ご相談ください。


■今後もQ & Aシリーズを連載していきます!


 24.6_3-2.jpeg

いかがでしたか?


今回は、
・オール電化かガス併用で悩んでいます。

・ガス併用にした場合工事費は高くなりますか?

・空調・換気方法について教えてください。


についてお答えしました。
今後もスタッフブログで様々なご質問にお答えしていきますので、是非チェックしてくださいね!

 

【おうちデザインシリーズ!】機能性とデザイン性を兼ね備えたクローゼット

カテゴリ: 匠技建スタッフブログ 作成日:2024年06月06日(木)

 

デザイン性の高いお家アイテムをご紹介するこちらのシリーズ、今回は「クローゼット」にスポットを当ててお届けしたいと思います。

クローゼットは「いかに沢山収納できるか」も重要ですが、デザイン性にこだわることで気分が上がったり、機能性が充実していると家事の時短にもつながります。


今回はそんな機能性とデザイン性を兼ね備えたクローゼットの施工例をご紹介していきますね♪
では早速いってみましょう!

 

24.6_2-1.JPG
 
ピンクのアクセントクロスがかわいいですね。
扉を開けた時に気分が上がりそうです!


そして、クローゼットを半分に仕切り、左側にはハンガーパイプを付けつつ引出しを取り付けました。


 24.6_2-2.JPG

 

トップがガラスになっていますね。
1段目はギャラリーケースになっており、引き出しを閉めた状態でも何を収納しているのかわかるようになっています。
そして、2段目はスラックスハンガー。
引き出しにすることで、スラックスなどが取り出しやすくなる工夫がされているんですよ!


■今後も様々なデザイン性の高いお家アイテムをご紹介していきます!

いかがでしたか?
ただハンガーパイプと扉を取り付けるだけでなく、アクセントクロスや収納するものに合わせた引き出しを取り付けることで扉を開けるのが楽しみになるクローゼットにすることができました。


おうちデザインシリーズ」では今後も様々なデザイン性の高いお家アイテムをご紹介していきますので、是非お家づくりの参考にしてみてくださいね◎

 

【場所別施工例シリーズ】匠技建で施工した「シューズクローク」をご紹介!

カテゴリ: 匠技建スタッフブログ 作成日:2024年06月04日(火)

 

皆さんこんにちは!

匠技建です♪


先日のスタッフブログで、シューズクロークを「こうすればよかった」「もっとこうしたい」というOB様の声や体験談をお届けしました。


【OB様体験談】後悔しない家づくりをするには?~シューズクローク編~


ということで、今回の場所別施工例シリーズでは「シューズクローク」に絞った施工例を見ていただきたいと思います。
素敵なシューズクロークがたくさん登場しますので、是非最後までご覧くださいね◎


■シューズクローク①

 24.6_1-1.JPG


白を基調とした明るい印象のシューズクローク。
ハイサイドライトや、テラスに続く扉から優しい光が差し込んでいます。
また、コンセントがついているので、電動自転車のバッテリーを充電したり、掃除機をかけたりと便利そうですね◎


■シューズクローク②

24.6_1-2.JPG
 
玄関左側にあるシューズクローク。
物を出し入れしやすいのがポイントでハンガーパイプもついているので、朝の忙しい時など準備がしやすいのではないでしょうか。
向かって右側には、お施主様のご要望で様々な活用方法があるパンチングボードも取り付けました。
また、引き戸で空間を区切ることができるので来客時の対応がしやすいのもポイントですね。


■シューズクローク③

24.6_1-3.JPG
 
こちらは土間を境に仕切られているシューズクローク。
ロールスクリーンを下ろすと来客時に目隠しをすることができます。
廊下側のニッチもかわいい!
また、可動棚になっているので物がたくさん収納できそうですね!

 

24.6_1-4.JPG
 

シューズクローク④

24.6_1-5.JPG
 
L字型のシューズクロークです。
約2帖と広さがあり、棚が可動式になっているので、ベビーカーやゴルフバックなど靴以外の収納にも活躍してくれます。
また、土間を上がるとすぐハンガーパイプが設置されているので、コートなどの丈が長いものも収納することができます。

 

24.6_1-6.JPG
 
■シューズクローク⑤

24.6_1-7.jpg
 
玄関を入って奥側にあるシューズクローク。
扉があるので玄関をすっきりした印象にしてくれますし、来客時でもシューズクローク内で身支度でき、そのまま玄関へ出られるのがポイントです!

 

24.6_1-8.jpg
 
■ライフスタイルに合わせたシューズクローク

いかがでしたか?
ライフスタイルをしっかり考え、どういう物が使いやすいかを追求したシューズクロークたちでしたね。
匠技建ではお施主様のご要望に合わせて様々なご提案ができますので、ぜひ私たちにご相談ください◎
そして今後も【場所別施工例シリーズ】をブログで連載していきたいと思います。


次は何にしようかな…
皆さまお楽しみに!

 

【OB様体験談】後悔しない家づくりをするには?〜シューズクローク編〜

カテゴリ: 匠技建スタッフブログ 作成日:2024年05月30日(木)

 

24.5_8-1.JPG

 

皆さんこんにちは!

匠技建です♪


一生に一度の大きな買い物であるマイホーム。
家づくりを失敗したくないと思いますよね。


そこで今回のブログでは、OB 様からいただく「こうすればよかった」「もっとこうしたい」という声や体験談をお届けしたいと思います。
記念すべきPart1はシューズクローク編◎
では、さっそくご紹介していきましょう!


■収納量が足りない!・靴以外の物も収納したい!

「収納量が足りない!」「靴以外の物も収納したい!」という場合は、可動棚の設置をおすすめします。
可動棚にするメリットは、収納するものや量によって自由に高さを変えられることです。
アウトドア用品・ベビーカーなどの大きな物を収納したい場合や、ライフスタイルの変化に合わせて棚の高さや段数を調整できるのがポイント◎
お家づくりの段階で、シューズクロークに何をどれくらい収納したいのかを明確にしておくことも重要です!


■コートやレインコートの収納場所がない!

コートなどの洋服を収納したい場合は、ハンガーパイプの取り付けがおすすめです。
冬だったらコートやダウンを、春の花粉の時期には家の中に花粉を持ち込まないように、 雨の日であれば濡れた物を乾かせるようにと様々な使い方ができます。
上着だけでなくフックを使えばカバンをかけることができますし、パイプの取り付け位置を下げれば傘などの小物類も簡単に収納できますよ!


■これからお家づくりを始める方へ

いかがでしたか?
これまで OB 様に色々お話をお伺いしてきましたが、お家づくりの計画の段階では「これがいい!」と思っても、実際に住んでみるとライフスタイルの変化などによって「こうすればよかった」と思うことがあるようでした。
そんな体験談を、これからお家づくりを始める方への参考にしていただければ嬉しいです。


次回もお楽しみに♪

 

【Q & A】相談や見積もりなどは無料でできますか?平均予算を教えてください!家づくりで大切なことは何ですか?

カテゴリ: 匠技建スタッフブログ 作成日:2024年05月23日(木)

 

24.5_6-1.jpeg

 

皆さんこんにちは!

匠技建です♪


匠技建に寄せられるよくあるご質問にお答えするQ & Aシリーズを今月もお届けしたいと思います。
では、早速いってみましょう◎


■相談や見積もりなどは無料でできますか?

もちろん可能です。
資金相談から土地探しはもちろん、あなたの「こんな家にしたい!」を教えてください。お客様の状況に合わせたプラン提案やお見積もりをいたします。


■新築の場合いくらくらいで建てられますか?平均予算を教えてください。

当社はお客様のご要望に合わせた自由設計の注文住宅ですので、決まった予算価格はありません。
平均的には2,000万円〜3,000万円くらいが目安となりますが、こだわりたい内容や仕様によって変わってきますので、まずはご相談ください。


■家づくりで大切なことは何ですか? 

まずは信頼できるパートナーを選ぶことが大切だと思います。
施工例を見てしっくりくるか、そして会社に足を運んでみてスタッフの仕事に対する姿勢などをチェックしてみてください。
また、信頼関係が何より大切なので、担当者とフィーリングが合うかも重要です。
大切なお金を任せられる会社かどうかを見極め、全て納得いってからお家づくりをスタートさせてください。


■今後もQ & Aシリーズを連載していきます!

24.5_6-2.jpeg

 

いかがでしたか?


今回は、

・相談や見積もりなどは無料でできますか?

・新築の場合いくらくらいで建てられますか?平均予算を教えてください。

・家づくりで大切なことは何ですか?


についてお答えしました。
今後もスタッフブログで様々なご質問にお答えしていきますので、皆さんお楽しみに!

 

家のカビ対策をしよう!夏を快適に迎えるためのお手入れポイント

カテゴリ: 匠技建スタッフブログ 作成日:2024年05月21日(火)

 

24.5_5-1.jpeg

 

今年もまた梅雨のジメジメした季節がやってきます。
そんな嫌な季節を迎える前にカビ対策を始めませんか?

今回は暑い夏を快適に過ごすための掃除方法のポイントをご紹介します。


■畳のお手入れ

和室の畳が汚れたままだとカビを発生させる条件が整ってしまいます。
目に沿って丁寧に掃除機をかけ、縁に付いた汚れはブラシに薄めた洗剤をつけて軽くこすり、蒸しタオルで軽く叩いて落としていきましょう。


■お風呂のお手入れ

お風呂は最もカビが発生しやすい場所ですよね。
特に気になるコーキングに付いたカビは、お酢や重曹といった身近なものを使って綺麗にすることができます。
まず、水でお酢を4〜5倍に薄め、カビの生えたところにスプレーします。
その後に、重曹を振りかけて古い歯ブラシなどでこするとカビを取ることができます。


■押し入れやクローゼットのお手入れ

水回り以外で湿気が溜まりやすい場所といえば押入れやクローゼット。
重要なのは風通しを良くすることです。
例えば、すのこを敷いて風を通りやすくしたり、晴れた日には扉を開けて風を通すことで簡単にカビ対策ができます。


■庭の草刈り

植物にとって、暑くなる5月〜8月は絶好の生育期になるため、この時期に一度お手入れをしておきましょう。
草刈りは土が湿っている時がポイントです。
湿っていると土が水分によって柔らかくなり、雑草が引き抜きやすくなるので雨上がりや雨が降った翌日、晴れた日であればホースやじょうろで土を濡らすことをおすすめします。


■湿度をコントロールして快適な住まいを

24.5_5-2.jpeg
 
室内のカビ生育には酸素・栄養・適度な温度・湿度の4つの条件があり、この中で一番コントロールしやすいのは湿度です。
湿度が高くならないように気をつけることがカビを抑えるのに最も効果的なのです。
しっかりカビ対策をして、快適な住まいにしましょう。

 

理想のお家を手に入れませんか?匠技建の施工例をご紹介!25

カテゴリ: 匠技建スタッフブログ 作成日:2024年05月16日(木)

 

皆さんこんにちは!

匠技建です♪


今月も匠技建の施工例をスタッフブログでご紹介させていただきます。


先月ご紹介したお家はこちら!

↓↓↓

理想のお家を手に入れませんか?匠技建の施工例をご紹介!24


生活リズムを考えてつくられた畳スペースや、個性を演出するアクセントクロスなど、立地・ライフスタイルに合わせたお家づくりがされていましたね。
さて、今月はどんなお家なんでしょうか。
早速ご覧ください!


■今回ご紹介するお家はこちら!

今回ご紹介するのはS様邸です♪

 

24.5_4-1.JPG
 
ナチュラルな外観ですね。
一見シンプルに見えますが、木目調に入るコートラインがワンポイントになっています。
では、中に入っていきましょう。
玄関を入ると広々とした約24帖のLDK!

 

24.5_4-2.jpg
 
木のぬくもりに包まれたLDKは、色合いや模様が異なった木目を使用することで木の素材感を味わいながらもスタイリッシュな印象になりました。
そして、隣接する和室がこちら。

 

24.5_4-3.jpg
 
畳と板の間の共存が美しく、ふすまに描かれた鳥たちが彩りを添えてくれていますね。
また、扉を開くとLDKと一体になって空間をより広く感じさせてくれます。

 

24.5_4-4.jpg
 
■フリースペースとランドリールームが印象的な2階

2階には3つの洋室に加えて、フリースペースとランドリールームがあります。
フリースペースにはワークスペースともなるカウンターの他に、ハンモックチェアを取り付けてゆったりとした時間を過ごせる場所になりました。

 

24.5_4-5.jpg
 
そして、ランドリールームには洗面と洗濯機スペースをクローゼット内に確保し、使用しない時は扉を閉めてスッキリ見せることができます。

 

24.5_4-6.jpg
 
1階同様、木の温もりに包まれたやさしい空間に仕上げることができました♪


■ホームページ内で様々な施工例をご紹介しています!

いかがでしたか?
今回はS様邸をご紹介させていただきました。
木をふんだんに取り入れ、ナチュラルかつスタイリッシュな印象のお家でしたね。
匠技建ホームページ内ではその他にも様々な施工例をご紹介させていただいております。


施工例(Works)

https://www.takumigiken.com/works


こちらもぜひご覧ください♪
そして今後も施工例をスタッフブログ内でご紹介していきますのでお楽しみに!

 

【Q & A】家づくりにかかる期間は?工事中の現場見学はできる?完成した建物の見学は可能?

カテゴリ: 匠技建スタッフブログ 作成日:2024年05月14日(火)

 

24.5_3-1.jpeg

 

皆さんこんにちは!

匠技建です♪


匠技建に寄せられるよくあるご質問にお答えするQ & Aシリーズを今月もお届けしたいと思います。
では、早速いってみましょう◎


■家づくりにかかる期間や大まかな流れを教えてください。

お客様によって異なりますが、平均で設計期間が3~4か月各種申請期間が2か月工事期間が5~6か月です。
大まかな流れといたしましては、こちらのイラストや当社HPの「家づくりの流れ」をご参考ください。


家づくりの流れはこちら

 

24.5_3-2.jpg
 
■工事中の現場見学はできますか?

不定期ではございますが、建設中のお家を見学できる構造見学会を開催しております。
開催日時はホームページでご案内しておりますのでお気軽にお問い合わせください。


■完成した建物の見学は可能ですか?

不定期ではございますが、完成したばかりのお家を見学できる完成見学会を実施しています。
開催日時はホームページでご案内しておりますのでお気軽にお問い合わせください。
また、インスタライブでのルームツアーなどもおこなっておりますので、インスタアカウントを是非フォローしていただけたらと思います。


匠技建のInstagramはこちら♪


■今後もQ & Aシリーズを連載していきます!
 24.5_3-3.jpeg


いかがでしたか?

今回は、


・家づくりにかかる期間や大まかな流れを教えてください。

・工事中の現場見学はできますか?

・完成した建物の見学は可能ですか?


についてお答えしました。
今後もスタッフブログで様々なご質問にお答えしていきますので、是非チェックしてくださいね!

 

【おうちデザインシリーズ!】デッドスペースになりがちな階段下スペースの工夫

カテゴリ: 匠技建スタッフブログ 作成日:2024年05月09日(木)

 

デザイン性の高いお家アイテムをご紹介するこちらのシリーズ、今回は「階段下スペース」にスポットを当ててお届けしたいと思います。
お家づくりをしていく中で、デッドスペースになりがちな階段下スペースを有効活用したいと思っている方も多いのではないでしょうか。
そんな階段下を上手に工夫し機能的かつオシャレにコーディネートしている施工例ですので、是非ご覧いただけたらと思います。
では早速いってみましょう!

 

24.5_2-1.JPG
 
こちらはLDKに設置された階段です。
鉄骨階段にすることでLDKをより広く見せてくれますし、温かみのある木目の中に黒フレームを組み合わせることで空間を引き締めてくれています。
そんな階段下のスペースは造作のテレビ台を設置。
台の下が収納になっているのもポイントですね。
そして、こちらにはルンバ基地が!

 

24.5_2-2.JPG
 
階段の1段目には座ることもできるので、並んで座って家族団らんを楽しむことができそうですね◎


■今後も様々なデザイン性の高いお家アイテムをご紹介していきます!

いかがでしたか?
階段下のスペースを有効活用しつつ、造作で空間にマッチしたアイテムにすることで、デザイン的にも楽しめる施工例だったのではないでしょうか。
おうちデザインシリーズ」では今後も様々なデザイン性の高いお家アイテムをご紹介していきますので、是非お家づくりの参考にしてみてくださいね◎

 

Copyright © Takumigiken Co.ltd All Rights Reserved.